スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

タミヤ 1/35 セモベンテM40 レビュー

 2017-03-18
こんばんは。ガチャガチャの光り物が好き、キイレです。

ISU-152と同じく実家に置いてあったスケールものをご紹介します。
制作したのがいかんせんずいぶん前なものでお見苦しい点多々ありますがご容赦ください。いつものことでしたね。
今回はセモベンテのご紹介です。
写真 2017-02-07 10 17 49 (1500x1125)
そもそもセモベンテという名称はイタリア語で「自走砲」を指す言葉でこれだけの指す言葉ではないんですよね。
イタリア降伏後接収したセモベンテをドイツが使用している、という設定の元光と影迷彩を施してあります。
ドイツがわざわざこんな面倒な迷彩塗ってまでセモベンテ使うかは疑わしいですがね。
史実とか実物に則って制作するのも模型作りで大切ですが、こだわり過ぎず作りたいように作るってのも模型作りの楽しみだと思います。何が言いたいかっていうとそんな精密なの作れんから誤魔化してるってことよ。
写真 2017-02-07 10 19 26 (1500x1125)
ウェザリングトップコートすらなしという割り切ったものです。
確かガルパンアンツィオ編を新宿のバルト9で見た帰りにノリと勢いでヨドバシで買ったものです。別にアンツィオ仕様にしたいという訳ではなかったらしい。
写真 2017-02-07 10 19 17 (1) (1500x1125)
写真 2017-02-07 10 19 02 (1500x1125)
光と影迷彩はブラウンとグリーン部を半丸を筆でだーっと書いてフチ取りをした後、その内側はエアブラシの吹付けで塗装しました。点々は筆でちょんちょんと。
実物の光と影は丸い穴がランダムに空いたテンプレートを車体に当ててその上からスプレーガンで塗装するので、半円は正円になるのが正しいです。点々は本来は円と円の隙間からその色の下の塗料が見えているんです。この作例のように形も大きさもバラバラ、にはなりませんがそこはノリと勢いで塗ったということでひとつ。
しかし75mm短砲身の4号戦車並みの火力の自走砲なんてドイツはいらんだろうなあ。3号突撃砲いくらでもあるだろうし・・・
写真 2017-02-07 10 18 47 (1500x1125)
写真 2017-02-07 10 17 59 (1500x1125)
こうして写真で見ると確かにシルエットがわかりにくくなってますね。
主砲のボールジョイント部分はクリアランスがあるため塗装しても剥がれる心配もありませんでした。

プラモ自体はパーツ数も少なくサクサク組みあがりました。
面倒でしたがなかなか光と影も面白かったです。ここで光と影をやっちまったから今積んでるヘッツァーの塗装に頭を悩ませているのだ・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://spongecenter222.blog.fc2.com/tb.php/67-c9c633f3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。