スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

HG アデル改造 アデル・アーティラリージャケット 『リブヘッド』

 2013-11-04
こんばんは。こんばんはと入力するたびに予測変換に登場するコイツ→\(^▽^)/!が気になって仕方がない、キイレです。やけに機嫌よさそうですが彼に何かいいことあったんですかね。

はいずいぶん引っ張ったアデル改造品のレビューでーす。
DSCN0393 (800x600)
DSCN0396 (800x600)DSCN0397 (800x600)
前線に迅速に展開し、強力な砲撃で敵の威嚇・足止めをし味方の侵攻を援護する、みたいなコンセプトで。撤退戦で殿を務めるような機体ですね。
最初はまた全身に入れようかと思ったけどラインマーキングは左半身だけにしました。こういうアシンメトリーもかっこいい。
今思うとバックパックにプロペラントタンクかなんか付けときゃよかったかな。
名前の由来はアーティラリーは英語で砲兵、リブヘッドはそのまま肋骨頭という意味です。リブヘッドは愛称という設定。

改造した所
頭部 ヴェルデバスターのバイザーの内側を干渉しないように削ってから接着。段はパテで埋める。
バルカンポッド コトブキヤのフリースタイルガンのマガジンを切ったものにパテ盛ってジャンクの銃口と伸ばしランナーのアンテナ追加。
胸部 プラ板の積層。ダクトやらアーマーはコトブキヤ。
バックパック AGE1グランサの胸部アーマーの上に肩アーマーの出っ張りを接着して、余ってたバーニアを適当に接着。
肩 AGE2ダブルバレットを流用。左側キャノン基部はブキヤストロングライフルの余りパーツ。
下半身 AGE1フルグランサから流用。

色 全部水性ホビカ
本体ダークブルー インディブルー・ブルーグレー・タイヤブラックを適当に混ぜたもの。色見ながら混ぜたから覚えてない。
ラインのスカイブルー部 インディブルー・フラットホワイトを1:3くらい。多分。
バックパック等 タイヤブラック:コバルトブルー=3:1くらい。

本体の塗装はこの間買ったエアブラシでやりましたがとても綺麗で楽ちん。
ラインは当然マスキングで塗り分けてます。細吹すれば行けるかと思ったけどそんなことなかったぜ!

面倒なのであとは動かすだけ。
DSCN0398 (800x600)
DSCN0399 (800x600)
DSCN0400 (800x600)
基部はブキヤのストロングライフルなので組み換えもできます。これは長距離砲撃用?
DSCN0402 (800x600)
DSCN0404 (800x600)
DSCN0405 (800x600)
アーマーパージもできます。

プラ板・パテ・エアブラシを初めて使う練習台みたいに考えてますがやっぱり完成すると愛着湧く。プラ板工作はまだ汚いんで練習しないと。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://spongecenter222.blog.fc2.com/tb.php/34-2a955578

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。